今人気のノベルティとはブログ : 2017/09/18


植物に存在する化学物質、フィトケミカルのひとつであるスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれている化学物質について、
肝臓から分泌される解毒酵素の自然な生産活動をサポートしているという因果関係が見えてきました。

食べ過ぎ、体重過量、喫煙、運動不足、不規則な生活、肉体的なストレス、加齢など多様な原因が揃うと、インスリンの分泌量が減ったり、
機能が悪くなったりして血糖値が高くなる2型糖尿病(ICD-10:E11)を発病することになります。

最大の臓器である肝臓に中性脂質やコレステロールが付いた脂肪肝(fatty liver)という病気は、
動脈硬化や肝硬変に始まるいろんな疾患の合併症の誘因となる可能性が高いと考えられています。

拡張期血圧90以上の高血圧が長い間続くと、
血管に強いダメージがかかった結果、
身体中の色々な場所の血管に障害が巻き起こって、
合併症を発症するパーセンテージが高まります。

内臓脂肪型の肥満が診られ、油脂の摂取などによる「脂質過多(ししつかた)」、
塩分摂取などが関係している「高血圧」、
高血糖の中で2項目以上一致するような状態のことを、
メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)と呼ぶのです。

健康を推進するWHO(世界保健機関)は、
有害なUV-Aの度を越した浴び過ぎは肌に健康障害を招くとして、
19歳未満が日サロ(日焼けサロン)を使用することの禁止を強く提起している最中です。

アミノ酸のグルタチオン(Glutathione-SH)は、
細胞の機能を鈍化させたり突然変異をもたらす人体に悪影響を及ぼす有害物質を身体の中で解毒し、
肝臓の性能を促進するような特性が認められているのです。

肥満(obesity)の状態というのは当然摂取する食物の栄養バランスや運動不足が素因ですが、
ボリュームの変わらない食事だったとしても、
慌てて食べ終わる早食いを続けたならば体重過多に陥っている肥満(obesity)を招く可能性があります。

スギ花粉症などの緒症状(水っ洟、
鼻詰まり、連発するくしゃみなど)のために夜しっかり眠れないと、
それが素因になって慢性の睡眠不足になり、
翌朝からの行動性に芳しくないダメージを及ぼすこともあります。

学校や幼稚園等の大規模な集団生活をするにあたって、
花粉症の症状が要因で他の皆と同時に外で元気に活動できないのは、
患者本人にとっても残念な事でしょう。


海老の尻尾は食べる? dm発送 価格 海老の尻尾は食べる?

緑効青汁 ★青汁専門会社のアサヒ緑健の緑効青汁は、有機栽培でスクスクと育った大麦若葉を使用。食生活に不足しがちな食物繊維、カルシウム、またビタミンB群、毎日摂りたい様々な栄養素が含まれています。 恋占い 無料 当たる 朝のテレビの占いコーナーみる?



このページの先頭へ戻る