今人気のノベルティとはブログ : 2018/02/08


1型糖尿病というのは、膵臓(すいぞう)のインスリンを分泌しているβ細胞が損傷を受けてしまったために、
結果として膵臓から微々たる量のインスリンしか出なくなって発病に至る種類の糖尿病です。

「沈黙の臓器」とも言われる肝臓に中性脂質やコレステロールが多く蓄積した脂肪肝(fatty liver)は、
脳梗塞に始まる多種多様な合併症を誘発する恐れがあることをご存知でしょうか。

細菌やウィルスなど病気を導く微生物、
すなわち病原体が口から肺の中へ潜り込んで発症してしまい、
肺の内側が炎症反応を起こした容態を「肺炎」と言います。

子どもの耳管の構造は、大人の耳管に比べると幅があり短い形で、
又ほぼ水平になっているため、様々なばい菌が入りやすくなっているのです。
幼い子どもがよく急性中耳炎を発症するのは、
この構造が関わっています。

「肝機能の悪化」については、血液検査のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)やアラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)、
γ-GTP(γ-グルタミルトランスペプチダーゼ)など3種類の数値で分かりますが、
ここ数年の間に肝臓の機能が落ちている方々が微増しているそうです。

クシャミ、鼻みず、鼻づまりや目の痒み・異物が入っているような感じなどの花粉症の諸症状は、
アレルゲンである花粉の飛散する量に比例しているかのように悪化してしまう特徴があるそうです。

脂肪過多に陥っている肥満は当然食事内容や運動不足が誘因ですが、
量は変わらない食事だったとしても、
せっかちに食べ終わる早食いをし続けたならば肥満の状態を招きます。

チェルノブイリ原発の爆発事故に関する数十年に及ぶ被害者の追跡調査の結果において、
成人に比べると若い子供のほうが放出された放射能の悪影響をより受容しやすくなっていることが明らかになります。

メタボであるとは診断されていなくても、
臓器に脂肪が多く蓄積してしまうようなタイプのよくない肥満を持つ事で、
複数の生活習慣病に罹患しやすくなります。

肝臓を健康な状態に維持するためには、
肝臓の解毒作用が低下しないようにする、
要は、肝臓の老化を食い止める対策をできるだけ早く実行することが効果的だと言われています。


労働基準法第32条に定める労働時間中(同法34条に定める休憩時間を除く。)に、休息時間と称してネットゲームに興じてしまうのは バレンタインが近づいてまいりました

クレジット 決済 導入 労働基準法第32条に定める労働時間中(同法34条に定める休憩時間を除く。)に、休息時間と称してネットゲームに興じてしまうのは バレンタインが近づいてまいりました



このページの先頭へ戻る